ぷそに日記

仕事と家庭とPSO2と。

おはようございますー。



新要素色々に引き続き、今度は新独極「独極訓練:世壊の境界」にチャレンジしてみました。

いつも通り、BoHuスタ盛りブーツ専です。



でまぁ、時間はかかりましたが初見でもとりあえずクリアは出来ました。

pso20161125_121703_002
↑初見ステージ5~10。遅いって言わないでw

pso20161125_121800_003
↑ステージオーダーも達成できてたようです。

pso20161125_121614_001
↑Boマテリアルもゲット。

ブーストかかってると入手量が多いそうですね。

念のためかけておいてよかったですw

pso20161125_123014_008
↑とりあえずエフォートシンボルBoリングも入手。使わないとは思いますがw




PSO2 STATIONで火力勝負って事前情報が出てたので心配しましたが、極端な火力は要求されなさそう?

んまぁ、最終ステージはじめ所々ブーツが弱点になってたので、そのおかげかもしれませんね。



さて、ブーツ専の話しか出来ませんが、決して楽ではないと思います。

増援はやはり大変なので、ガチガチまで行かなくてもある程度の火力は必要ですし。

その為にはそれなりの装備はもちろん、ジーカーを当てていくことが必要ですが、狙えるタイミングは限られます。

各ボスに慣れているほどジーカーチャンスを捉えやすいと思うので、経験が物を言うかもしれません。



自分の場合、準備としてアムチソロ(4時間の苦行w)に行ってたことや、

無類のウザさを誇るハムト+グレンゾンビも、ソロで経験してたのが活きたかもです。

(グレンゾンビは優先処理、ハムトのスタンボールはステップやらグラン派生やらの無敵で一度突っ込んじゃうと楽です)



旧独極と比べた感じですが…どうなんでしょ。

あんまり変わらないのかなー?

うーんでも、旧独極の最終ステージは最悪

「アンガ第2形態+怒り状態のディーオそして深遠」

とかいう意味不明の事態に陥るので、アレと比べたらマシな気も…。

(実際自分は初見の時その状態にしてしまいましたw)

経験してる回数も違うし、比較は難しいかなw



旧も新もそうですが、クリア出来ない人が頑張ってクリアする分には意義のあるクエストだと思います。

確かに無理矢理難しくした感はあるクエストなのですが、真面目に取り組めば得るものは色々あると思います。

あとは、エンペやベガスに確定で会えるのもいい所かもですね。



というわけで、必要パスも1枚になりましたし、クリアできるか心配な方、とりあえず挑戦してみてはいかがでしょうか!

以上、攻略にはなってないので恐縮ですが、とりあえずの所感でした!

おはようございますー。



さて、昨日はアップデートでしたね。

まぁ当然というかなんというか、盛り沢山で一通り確認するのが大変ですw

それでも一応何点かは実際に見てきたので、今日はその簡単なレポートでも。



① 特殊能力因子

実装される前は、こりゃーえらいこっちゃと思ってましたが…。

やっぱりというか、強力な因子は相応に入手が大変なようで。

Wikiに集まる情報で確認していましたが、ガチガチのOPを付ける以外にも、

・+35のノクスシリーズにソールを移植しておいて、

・「ソールⅣⅣ+何か+ノーブル○○」あたりを簡単に作る


とかっていう使い方も便利かもですね。


あぁでも、まさかの新OPもありましたね。

↓今流行りのこのシリーズに。
新OP

ネッキーコレクトシリーズの因子はいずれもこの「フレイズ・リカバリー」のようです。

因子は+35にしないと付かないですからねぇ…。

自分は使わないと思いますが、ネッキーでプレッシャーがかかりそうです…(;´ω`)



② ギャザリング緩和

新リング(ジャンピングドッジ)のために早速トライ。

かなり緩和されてるようです。

そんなに沢山やったわけではないのですが、

・スタドリや貯まってたよいピッケルを使って

・釣りでフィーバーを起こしつつ

・鉱石と宝石を掘り続ける


これを10分程続けただけで、1リングフル強化分の素材が手に入りました。
pso20161124_222756_003
↑拍子抜けするほどあっさり。もちろん、単に運が良かったのかもですが…。


Wikiによると15コンボでフィーバー確定になったようですが(以前は25)、一度もそこまで行くことなく、フィーバーに突入してました。

フィーバー突入確率が上がっているのでしょう。

釣りも全体的にテンポが速くなっています。

レア素材も入手しやすくなっている気が。

いや、これは大幅緩和じゃないでしょうか。

やったね!



③ 新リング「L/ジャンピングドッジ」

というわけで、入手した素材で早速ゲット。

育成は時間がかかりそうなので、とりあえず使ってみました。


・ サブパレットにセットして発動

・ 発動は地上限定

・ クールタイムは+1で100秒、Wikiの表を見てると+20で5秒でしょうか…?

・ モーションはまさに高いだけのジャンプ。意外と地味w

・ AISのオーバーブーストと違って、JAリングも出ません

・ 高度はブーツの2段ジャンプより少し高いくらい

・ ブーツならさらに2段ジャンプ可能

・ 発動直後は垂直にしか飛び上がりませんが、頂点付近からは普通の空中操作が可能

・ 各種ジャンプキャンセルをこれで置き換えることは、出来ない場合も多いようです


特徴はこんな所でしょうか。

高さ稼ぎと回避には優秀だと思います。

育てればクールタイムもかなり短いみたいですし。

ネッキーの戦闘機とか狙いやすくなるかも?

ただ、ブーツ専の自分としては、地上限定・サブパレット発動というのがネック。

戦闘中は大体空中に居ますし、サブパレットはカツカツですしねー。

あって悪いものではないと思いますが、とりあえずオフゼ越えの☆12ユニット実装までは塩漬けかなーw



④ 複数鑑定

特に難しいこともなく、単純に便利でした!

これを待ってました!w

pso20161124_235224_008
↑一括選択してサクッと。かーんたーん。



以上、とりあえず実際にやってみたのはこんな所です。

新独極とか、武器アクション割り当てとかはまだ出来てませんw

まぁ、これからぼちぼち手を出していきたいと思います!

おじさんがんばってるよ!!(;・ω・)

おはようございますー。

さて、今日はアップデート

内容については前にも触れていますが、今日はその内、

・3ボタン操作設定に「武器アクション」の割り当て機能追加

についてです!



いやー、PSコントローラー派の自分としては、3ボタン実装の時からキー配置に悩むようになりましたw

で、以前PS4コントローラーに変えて快適になったという記事を書きましたが…。

ここに来てまた頭を悩ませることになりそうですw



自分はほぼブーツ専なので、一応、今のままでも支障はほぼ出ませんw

(PAが4種類しかないので)

とはいえ、今後PAが増える可能性も否定はできませんし、他の武器に手を出す可能性だってあります。

というわけで慣れるなら早い方がいいかなぁと、キー配置を考えてみました。



↓こんな感じで変更してみよっかなー、と。
cuhzct2j_01

↓こっちは変えませんが、一応。
cuhzct2j_02


タッチパッド押込ボタンに「武器アクション」を割り当て。

PS4コントローラーに変えて実感したのですが、タッチパッド押込ボタンは予想外に優秀でした。

タッチパッドの右端の方を押すだけでもちゃんと操作できますので、右親指の移動量はほとんど増えません。



そんな優秀なボタンに現状「アクセス」を割り当てているので、これはPSボタンに移行。

「レーダーマップ切替」がリストラになりますが、まぁコレは特に問題ありません。

一先ずは、これでやってみようかなと思っています。




さてさて、PS4コントローラーについては以上です。

次は、コントローラーそのもの

について。



当初はそんなことなかったのですが、3ボタン実装に始まり、最近PSO2もコントローラーのボタン数が足りなくなってきました。

ボタン数が多いだけでいいなら色々製品はありますが…。

作りがしっかりしている、コレ!というものはなかなかありません。



そこで自分がちょっと気になってるコントローラーがコレ↓
xboxelite
Xbox Elite ワイヤレス コントローラー



Amazonで約13,000円の高級品ですが…。

背面トリガー
背面パドル×4があるのです!

他にも、スティックや十字キーを、同梱されている別の形状の物に交換出来たり。

画像の十字キーは変わった形をしていますが、一般的な形のも付いてますよ。

日本での発売前から海外で圧倒的に高評価だっただけあり、作りも十分な品質かと思います。



背面パドルってのがいいんですよねー。

ちょうど空いてる指を活用できるんですよ。しかも4つ。



ブーツ専の自分なんかはサブパレットの操作がいつももどかしいので、4つのうち2つはサブパレット選択に割り当てそうです。

Microsoft製品ですから、Windowsへの導入も難しくなさそうですしね。



まぁ、とはいえやっぱり高いですし、当面はPS4コントローラーでがんばると思いますw

いかがでしょう、誰かの参考になったら嬉しいですがw

使った方が居れば、操作感でも教えて頂けますと幸いです!w

↑このページのトップヘ