ぷそに日記

仕事と家庭とPSO2と。

2016年09月

こんにちわー。


今日はトレイン・ギドランに引き続き、慣れてない人向け第2弾、

安全志向の「バル・ロドス(海岸版)」討伐ですー。


かなーり昔から居るボスです。

慣れた人にとってはもはや瞬殺のボスですが、そうでない人にとっては、強力な攻撃揃いの強敵です。

特にスーパーハードになると動きが格段に早くなるので、頼みの釣り上げ装置もいつ使ったらいいのか分からない、という方も居るのではないでしょうか!(多分!w)

てわけでその辺り、少し丁寧に書いていきたいと思います。



○ 基本の方針

説明するまでもないかもですねw

釣り上げ装置で頭を狙って撃ち、無力化した所を全力で「口の中」に攻撃します。

それの繰り返し。

ですので、如何にしてスムーズに釣り上げるかが重要になります。



○ 釣り上げ有効時間とパーティの人数について

特にソロの場合、これが一番重要かもしれません。

釣り上げ装置を命中させた後、無力化している時間はパーティの人数が増えるほど短くなります。

そしてこの「パーティの人数」には、NPC(フレンドパートナー等)も含まれます。

↓1人と4人でどれくらい違うか、比較してみました。(1人の方は運よく?希少種でしたw)


(C)SEGA


1人だと約20秒、4人だと約10秒。倍の違いです。

NPCは火力としてはほとんど役立ってくれないので、普段から連れ歩いている方は注意です。

ボス戦突入前に、パーティから外しておくと良いでしょう。

↓念のため、外し方です。
(C)SEGA




○ 釣り上げチャンス

チャンスの少ないスーパーハードを前提にしますね。

釣り上げ装置は外すとしばらく使えません。

事実上攻撃され放題になってしまいますので、確実に当てましょう。

おすすめは次の二つです。


① 開幕直後

確定で狙える絶好のチャンスです。

(ロドスが左右どちらに来るかはランダムですが)

小さな水球が降ってくるので多少当たることもありますが、吹き飛ばない(=釣り上げ装置から降ろされない)ので、気にせず狙うと良いと思います。

(C)SEGA


※ 時々言われる「ロドスの一本釣り」とは、この開幕直後で釣り上げてそのまま撃破してしまうことです。


② 噛みつき後

突進しながら噛みついてくる攻撃は、何回か連続して使った後、しばらく動きが止まります

この間は完全に無防備。簡単に釣り上げられます

噛みついて来る所を狙うやり方もありますが、失敗すると非常に痛いので、慣れない内は止まるまで待った方が良いと思います。

(C)SEGA


(動画ではあえて動き出すまで待ってから釣ってます)

噛みつきの避け方ですが、ロドスの狙いがちょっと変なのか、ただ移動しているだけだと当たったりします。

タイミングよくステップ等の無敵で回避した方が安全です。

理由は省略しますが、動画のように突っ込む感じでステップ等すると少し簡単になりますよ。


慣れるまでは①、②だけ狙えばOK。それでも十分機会はあります。


一応その他にも、釣り上げチャンスは多数あります。

以下、参考程度の例です。

・ 水球を出しながらゆっくり移動する際
(C)SEGA


・ 雑魚召喚の際(侵食核攻撃で少し見にくいですw)
(C)SEGA


慣れてきたら色々狙ってみて下さいね。



○ 意外とチャンスにならないタイミング

チャンスになりそうで、外してしまいがちな例も二つ。


△ 巨大水弾後
(C)SEGA


いかにも隙が大きそうですが、割とすぐ動き出します。


△ 放水攻撃後
(C)SEGA


こちらも同様。(攻撃自体は角が安地です)


どちらも狙えないことはないのですが、外すともったいないので、無理は禁物です。



○ まとめ

大体の攻撃は移動していれば当たりません。

水球は地面に表示される予兆を見て避けましょう。

噛みつきと放水は動画を参考に回避してみて下さい。

あとは無理に手を出さず、釣り上げチャンスで確実に捉えて全力で攻撃!

NPCをパーティから外すのも忘れずに!



以上、安全志向のバル・ロドス討伐でした。

安全志向というか、釣りガイドですねコレw

まぁ、肝心なのはそこかと思いますので、大目に見て頂けるとw


最後に、どうでもいいのですが撮影中の出来事を…

(C)SEGA


釣り死w

珍プレーでしたw

こんにちわー。


さて、今日はブーツで楽しく遊びましょう第6回、

「ハイパーアーマー!」

ですー。



○ ハイパーアーマー

知らない人は居ないかもですが、

・ 敵の攻撃を受けてもひるんだり吹き飛んだりしない状態

を言います。

(ただし特別に表記のない限り、スタン、フリーズ、投げ判定の攻撃は普通に食らいます)

略して「HA」。別名「スーパーアーマー(SA)」あるいは単に「アーマー」とも。

簡単なので以下、「アーマー」で統一しますね。

アクションゲーム全般で使われる用語ですが、大体どのゲームでも強力な状態です。

PSO2では、ハンタースキルの「マッシヴハンター」が有名でしょうか。



○ アーマー受け

アーマーのひるまない特性を利用し、

・ 敵の攻撃を受けつつも自分の攻撃を当てる行為

です。

敵の攻撃時はこちらにとっても攻撃チャンスなことが多く、カウンターのように使います。

アーマーが強力である理由は、この「アーマー受け」が可能な所が大きいと思います。

もちろん、火力を犠牲にせず、敵の攻撃も受けずに済むならそれが一番です。

習熟していくとそういうことが出来るようになりますが、誰でもそこに至るまでの間があります。

また、強敵になればなるほど、習熟には時間がかかります。

と、いうわけで「アーマー受け」は現実的に有力な選択肢となってきます。



○ ブーツでのアーマー

こちらもとっくにご存知かもしれませんが、

・ ブーツは全てのPAにアーマーが付いています。

ブーツのPAは全体的にモーションが長く、消費PPも大きいです。

中断すると火力、PPともにロスが多いため、全PAアーマー付はありがたい特徴です。

ジーカーなんて最後まで出さないとタダの無駄になってしまいますからね。



○ アーマー受けの活用

使い方自体は、敵の攻撃に合わせてPAを撃つだけです!簡単!w

ここでは、よくある活用例を二つ。


① ジーカーを当てる

一番活躍の場面が多いでしょうか。

ジーカーは準備モーションが長いため、回避してからだと間に合わない、という場合には特に有効です。

ジェットブーツエスケープ(派生攻撃時に短時間の無敵)で回避できればラッキーw

アーマー受け1
徒花ソロではもはや常用(いいかどうかは別)w


② ひるみや吹き飛ばしを避ける

どちらかというと防御的な目的での活用。

乱戦時などは一度ひるむだけでも危険なので、次の手を探る間、PAを切れ目なく繋いでしのぎます。

この目的ではモーメントゲイルがなかなか優秀です。

アーマー受け2
襲来ソロ侵入ソロで使ってたりします。



○ 注意点

むやみに使うとゴリ押しと言われてしまうアーマー受け。

上手に使うには、色々と注意が必要かと思います。


① 敵の攻撃に耐えられるだけの耐久力

まぁ、大前提ですよねw


② 被ダメージと与ダメージのバランス

ダメージを受ける以上、大抵は後々回復しないといけません。

被ダメージが大きいと回復に手間取り、せっかく稼いだ火力が帳消しになってしまいます。

ジーカー以外のPAはほとんどの場合、無理して当てるほどの威力はないと思います。

猛攻を凌ぐのが目的の場合は、また違いますけどね。


③ 回避手段との比較

上で書いたように、火力を犠牲にせず、敵の攻撃も受けずに済むならそれが一番です。

それが出来ない時、アーマー受けの出番となります。

その場その場で瞬時に選択する必要がありますが、ブーツはただでさえ、

・ ステップ
・ 武器アクション(回避)
・ グランウェイヴ派生
・ ジェットブーツエスケープ
・ (リングがあれば)テックCパリング

と、回避手段が多岐に渡っており、選択肢が増えるとかえって手元が狂ったりしますので注意が必要です。

場合によっては、アーマー受けの選択肢を捨ててしまう方がいいかもしれません。

(逆に最初から「この攻撃はアーマー受け」と決めてしまうのも有効だったりします)



○ まとめ

そんなわけで使うのは簡単ですが、実は奥が深いと思うのがアーマー受けです。

自分も上手に使えているかと聞かれると、自信がありませんw

耐久力がある方が活用しやすいですが、火力と耐久力はトレードオフなのが普通ですから、耐久力ばっかり上げる訳には行きません。

比較対象の回避も、得意不得意が人それぞれです。

なのでアーマー受けも、ベストな活用法はその人によるでしょう。

「もっと火力が欲しいと思ったとき、被害の少ない攻撃から順にアーマー受けを考えてみる」

くらいがちょうどいいんじゃないでしょうか!



さて、今回も第5回に引き続き、ややこしい話になってしまいましたw

ですがブーツでのアーマー受け、考えることと実践すること、両方ともやり甲斐のある要素だと思います。

上手く使えれば火力アップに大きく貢献しますので、是非色々探ってみて下さい!


以上、ブーツで楽しく遊びましょう第6回、

「ハイパーアーマー!」

でした!


…と、ここでご連絡です。

めでたく第6回まで続いた「ブーツで楽しく遊びましょう!」ですが、回で一旦休憩です。

えぇネタ切れですとも!w

でもまぁ、書きたいことは大体書かせて頂きました!

第7回の内容が思いつくまでは、小ネタメインの番外編でも書こうかと思ってますw

まだまだ色々続けるつもりですので、よろしくお願いします!

こんにちわー。


昨日は久々に終焉でした。

…が、子供をお風呂に入れてたら出遅れて一周しかできず、しかも途中で異常に重くなって落ちたという…。

(´;ω;`)ウッ…

ご一緒してたみなさんスイマセンでした!

いいもーん、今週はもう2回行けそうだからまたがんばるもーん。


報酬期間


さて、現在進行中の450万ID突破記念フェスティバルのクイズ大会

報酬で来週はドゥモニプチ(5%)弱体化期間になりそうですね。

10月中旬には例のアムアルチが来るらしいので、準備するにはきっと最後のチャンス

自分も後回しになってた雷オフス靴を作っちゃおうと思ってます。


まぁ、オフス超えかと噂の新13武器と☆12ユニットが予告されてますから、(メメタ的に)控えめになると思いますがw


これでオフスの材料も底を付きますねー。

新13武器がほんとにオフス越えだといいんですけど。

…ただ、実は今まで新世武器はまともに強化したことがないので、ちょっと不安ですw

はい、毎回新要素には乗り遅れるタイプですw

先遣隊の皆さんいつもありがとうございます…w


ではでは、また次回。

こんにちはー。

いやー、やっぱり休日はいいです。幸せになれますw


さてさて、最近防衛ソロだの徒花ソロだのアップしてきましたが、それを見ていた嫁さんから、

「いつものチキンプレイは?」

とのお言葉。


・・・。

あー、そーでした。

ごり押しばっかでしたもんね。

得意(?)なのはチキンプレイでした。

ふむ。


じゃぁ今回は趣を変えて、慣れてない人向け、安全志向の攻略っぽいものを書きたいと思います!


ちょうど東京TAも実装されたことですし、お相手は、

「トレイン・ギドラン」

で行きましょう!


ギドラン自体は実装から結構経ちますが、未だ初心者には辛い相手と聞いたりもします。

いや、確かにきちんと避けて隙を突かないと、なかなか倒せないので苦戦しますよね。


逆を言えば、避けさえすれば随分楽になります!

てわけで安全志向のトレイン・ギドラン討伐、行ってみましょう!



○ 基本の方針

ギドランの多くの攻撃は、避けると少しの間、隙だらけになります。

同時に弱点も晒すので、そこを狙うのが基本方針。

むやみに攻撃しに行っても弱点を狙えないので、堅くて時間がかかるだけになってしまいます。


○ 立ち位置

そんな訳でギドランと戦う時は、わざと隙の大きい攻撃をさせるように誘導します。

その為に近づきすぎず離れすぎずの、ちょうどいい立ち位置があります。

↓この辺り。


よく分からなければ少し距離を取って、ギドランが自分から近づいてくるのを待ちましょう。

ある程度近づくと歩くのを止め、攻撃してくるようになります。その距離です。


近すぎると、隙の少ない踏みつけ(↓)ばっかり、


遠すぎると、のそのそ歩いてくるだけになってしまいます



○ 弱点部位

各車両(3つの頭と尻尾)のドア部分にあります。

最初はドアに守られていますが、ドアを破壊すれば弱点になります

↓ここ(破壊前)
ドア破壊前

↓破壊後(いわゆる「ESC-Aマーク」)
ドア破壊後

ちなみにドアを2か所破壊するとギドランが怒り状態に移行し、強化されます。

↓ギドラン様お怒り


割とあっさり移行してしまうので、怒り状態を前提に考えるくらいでいいでしょう。


○ 攻撃の回避

攻撃名はWikiに合わせてあります。


① 新幹線突き

向かって左の頭による攻撃です。高頻度。

ギドランの構えをよく見て、タイミングよくステップ等の無敵で回避します。


突きはかなり早いので、突いてきたのを見てからだとなかなか間に合わない
思います。

ここは体得するのが一番でしょうね。

上で説明した「ちょうどいい位置」にいると、回避後すぐ近くに弱点部位があるので、反撃のチャンス

通常時は1回だけ、怒り状態では2連続で使用します。

怒り状態では地雷のようなものも設置されますが、「ちょうどいい位置」にいる分にはあまり気にならないと思います。


② 除雪装置召喚

向かって右の頭による攻撃です。頻度低め・・・かな?

ギドランが構えたら↓のように、素早く向かって左奥に移動しましょう。


この場所に入れば攻撃が一切届かず、弱点も攻撃し放題です。

逆にこの場所に入れないと、吸い込まれるわ雪玉は飛んでくるわで危険な攻撃です。

例の「ちょうどいい位置」に居れば、入り込むのはそれほど難しくないと思います。

怒り状態では吸引力が大幅に強化されます。とはいえ対処法は同じ。


③ 連続突き刺し

真ん中の頭による攻撃です。

構えを見たら、↓のように潜り込む感じで前進しましょう。


見た目より攻撃範囲が広く、追尾もしてくるので余裕を持って移動した方が安全。

弱点との距離が離れがちなので、やや反撃しにくいです。

通常時は突き3回、怒り状態では5回です。


④ 放電

尻尾による攻撃です。

振り返って尻尾を向けてくるので分かりやすいです。

避け方は二つ。

A.タイミングよく、ステップ等の無敵で回避

 → 反撃しやすいですが、タイミングの把握が必要。


B.胴体下に潜り込む 


 → 攻撃が届かないので安全ですが、少し反撃しにくくなります。


怒り時は、少し遅れて落雷が発生します。

落雷の範囲は地面に予告として表示されますが、Bで回避した場合、予告が見えにくいので注意。


以上の①~④が主な攻撃チャンスです。

回避方法を体得して、ガシガシ攻めましょう。

以下、それ以外の攻撃についても。


⑤ 踏みつけ

「立ち位置」の所でも触れた攻撃です。

距離が近いと高頻度で使用します。

タイミングよくステップ等で回避すればよいのですが、隙が少ない上弱点も晒しません。

近づき過ぎないようにした方が得策だと思います。


⑥ 車両叩きつけ

左右の頭を叩きつけてきます。

コンパクトな動作で、こちらも隙が少なく弱点も晒しません。

たまに使ってくるのですが、動画撮影中は一回も使ってくれませんでした。

あまり存在感のない攻撃w


⑦ 3way列車発車+突撃

ギドランの必殺技。

予兆の動作は非常に大きく、分かりやすいです。

(ただし全然知らないといつの間にか視界から消えてモロに食らったりするので注意)

車両が3連続で突撃してきて最後は本体が突進。

圧巻の攻撃ですが、よく見て丁寧に回避しましょう。

いずれも下手に動かず、タイミング良くステップ等の無敵で回避した方が安全です。


3連突撃の際、同時に複数の車両に狙われることもありますが、ほぼピッタリのタイミングで飛んでくるので対処は同じ。

最後の突撃は範囲外に逃げてもいいです。ただしかなり広いので注意。

移動に気を取られて回避がおろそかになる位なら、回避に集中した方がいいかもしれません。

(その他、やったことないですが、レールとレールの間に立っていれば当たらないらしいです)

攻撃後は弱点を晒してしばらく停止しますが、回避後の位置が良くないとあまりチャンスになりません。


⑤~⑦は、反撃よりも回避を優先していいと思います。


○ 足破壊とミラージュ

足(どの足でもOK)に一定ダメージを与えるか、状態異常のミラージュを入れると、長時間ダウンします。

↓足破壊


↓ミラージュ


大きなチャンスにはなりますが、そもそも足は結構堅く、ミラージュも入りにくいので、必ずしも効率的ではないと思います。

またやってしまいがちなのですが、ダウン中にドアを破壊すると、その時点でダウン終了となってしまいます。

ダウン中は出来れば、既にドアが壊れている弱点を狙うようにしましょう。


○ まとめ

慣れるまではあまり難しく考えず、「避けて反撃」を繰り返しましょう。それだけでOKです。

「ちょうどいい距離」でむやみに動かなければ①~④の攻撃を繰り返してくれますので、意外と短時間で倒せます。



以上、安全志向のトレイン・ギドラン討伐でした。


・・・書いてみて気づきましたが、ボス一体でも結構ボリュームありますねw

結構大変でしたわw


長くなってしまいましたが、参考になったら嬉しいです!

どもどもー。

先日アップした徒花XHソロの動画ですが、分割してないフルバージョンもアップしました!

一晩で済むかと思ったら二晩かかったw

・ブーツで徒花XHソロ!(フルバージョン)
(C)SEGA


内容は特に変わってませんので、通しで見たい方向けです。

やったら長いですけどね!w

分割版を差し替えようかとも思いましたが、万に一でもリンクされてたりするとアレなので、一応そのまま残しておきます。

ではでは、また次回。

↑このページのトップヘ